hitomi sasayama

ヒトミ ササヤマ

靴は履くと「身体の一部」になると私は考えている。
眺めて楽しむ美しいオブジェから、
足を守り支える身体の大切な一部分へ。
身体の一部分となった靴はヒールの形状等により、 姿勢を変え、筋肉の動きを変え、歩き方を変える。

身体の一部位としての『靴』という存在。

hitomi sasayama

I perceive 'shose' as apart of my body.
They affect my muscles and bones by the height oh heels.
They lift my mood up by their texture.
They are the reflection of my taste and life style that I would like to project to this world.

They represent ...me!!